FC2ブログ

5月の連休について。

 今年は新天皇の即位の為、5月1日が祝日となります。「祝日と祝日の間は休日になる」という法律から4月30日と5月2日も国民の休日となり10連休となります。
 10連休ではさすがに医療・教育のみならず各業界とも混乱を来し、大変なことになると予想されます。私は国会では今回に限り「祝日と祝日の間は休日」を適応せず、4月30日と5月2日は平日になることを期待していましたが、予想に反してあっさりと国会で認められ成立してしまいました。
 仙台市医師会内科医会(医師会に所属する内科開業医)では北部急患診療所、舟丁の急患センターともに連休中は全日交代で担当します。すなわち一次救急は仙台市医師会内科医会で担当するということです。このこともあり当院では4月28日(日)から5月6日(月)まで休診とさせて頂くことに致しました。連休前後の混雑を避ける為、連休中も数日の診療を出来ればと思っていましたが、連休中に開けていても来院する方は少ないと予想されることや、スタッフ数の問題、薬剤卸や検査センターの問題などもあり休診と致します。大変心苦しいのですがご理解頂ければと思います。
 連休中に体調の悪い方は誠に申し訳ございませんが、北仙台の北部急患センター、舟丁の急患センターのご利用をお願い致します。

IMG_1824.jpg

新年あけましておめでとうございます。

 新年あけましておめでとうございます。
 本年も皆様に良質な医療を提供できますよう、安心感と元気を感じて頂けますよう職員一同努力していきたいと思いますので宜しくお願い致します。
 ここでいう良質な医療とは
「科学的根拠に基づいた医療を、患者さん個々の背景などを十分考慮した上で十分な説明と共に提供し、患者さんにも十分理解して頂いた上で実践する医療。尚且つ患者さんに安心感と元気を感じて頂ける医療」
と考えております。

 最近は例年このことを述べていると思います。わかり易く簡潔に述べているつもりですが、もっと簡単に述べると、基本的には医学的に根拠のあるものを提供したい、ということです。これは医師として当然のことですが、実は医学的根拠とはあまりにも多すぎて正確に提供するのは難しいことです。また医学的に根拠のない事でも我々医師の経験や勘というものもとても大切と思っています。更に医学的に正しいことがすべて患者さんにも正しいとも限りません。そこをうまくまとめて患者さんに納得して頂き治療していくことが我々医師の甲斐性と考えています。
 これは内科医院としての当院の、内科医としての私の最も基本となることと考えておりますで、これからも常に意識していきたいと思っています。

 1月2日は仙台市北部急患診療所の当番でした。やはりインフルエンザの患者さんが多くおられました。12月末からインフルエンザの患者さんが増えておりましたので、お正月休みが明けると更に患者さんが増える可能性があります。体を冷やさず、十分な栄養と睡眠を心掛けていい体調で仕事始めを迎えて下さい。

 IMG_2447.jpg

インフルエンザの流行が始まりました。

 仙台ではインフルエンザの患者さんはまだ少ないと先日述べたばかりでしたが、市内の小学校で今季初のインフルエンザの為の学級閉鎖がありました。厚労省も14日、インフルエンザの全国的な流行が始まったと発表しました。偶然ですが本日当院でもインフルエンザA型の患者さんがおられました。私は、「今年は10-11月が暖かかったし流行は遅いと思います」などと患者さんにお話ししてしまっていたと思います。申し訳ありません。ここ数日の寒さも関係しているかもしれません。一挙に真冬となってしまいました。体を冷やさず温めて、十分な栄養と睡眠を心掛けてください。また以前記載した副交感神経を上げる試みも意識してみて下さい。深呼吸は副交感神経を高め、セロトニンも増やしその両方の作用で免疫力を高めます。実は私自身効果を実感しています。
 仙台市感染症発生動向調査情報

 しかしまだ本格的な流行ではありませんのでインフルエンザの予防接種は十分間に合うと思います。12月初旬のワクチン供給により十分量のワクチンがございます。予約は不要ですのでご希望の方はいつでもご来院下さい。

 IMG_2430.jpg


インフルエンザワクチン接種を再開しています。

 11月中旬に供給が途絶えてしまい中断となっていたインフルエンザのワクチン接種ですが、今週始めに十分量のワクチンが供給され現在通常通りにいつでも接種できる状態に回復しております。ご希望の方には大変ご迷惑をお掛け致しました。
 今年は秋以降も暖かい日が多く、先週は西日本で夏日を記録するなど地球温暖化、異常気象を感じます。このような背景もありインフルエンザの流行も季節が関係なくなりつつありますが、やはり気温が下がり、乾燥してくると流行してくることは間違いありません。一時東京でインフルエンザ患者増加の報道もありましたが、仙台市の感染症情報ではまだ市内各区数人程度の患者数です。感染症発生動向調査
 この表の見方は、各区ごとに各疾患の1週間の患者数が記載されています。各区で登録されている医療機関を受診した患者数です。定点医療機関数は区により異なりますが、患者数を医療機関数で割ったものが定点当たり患者数となります。先週のインフルエンザ患者数は青葉区で2名、定点当たり0.18人とまだ少ない状況です。もちろん定点医療機関の数は多くはありませんがこれを見ていればおおよその流行状態が解ります。当院も定点報告(1週間の患者数を仙台市に報告)に参加していますが、現在の所9月に1名おられたのみでその後はおられません。しかし最近の寒暖差の為か感冒の患者さんは多くおられますし、また土曜日は初雪がふりました。体を冷やさないよう、温めて、十分な栄養と睡眠をとり健康に年末を迎えて頂ければと思います。

IMG_1599.jpg

インフルエンザワクチンに関して。

 10月から行っているインフルエンザワクチン接種ですが、11月中旬にワクチンの供給が途絶え、在庫がほぼなくなってしまい、一時接種を見合わせなくてはならない状況となってしまいました。ワクチンご希望で来院された方には大変申し訳なく思っております。
 昨年もワクチン株決定の遅れから供給が遅れて一時期新規の方をお断りせざるを得ない時期がありました。厚労省は今年は十分量供給される予定といっていますが、十分量に達するのは12月初旬頃の予定で、11月には接種者が急増する為現在の供給不足を来したものと思われます。
 当院では例年800~900名の方にワクチン接種を行っておりますが、今年も例年同数のワクチンを発注しておりました。ワクチンご希望の方にお断りするという状況は常に避けたいと思っておりましたので私自身とても残念です。ただこの状況は誰が悪い訳ではありませんのでご理解頂ければと思います。薬剤卸さんのご尽力で今回少しワクチンが確保できました。12月初旬には予定量入荷の見込みです。大変ご迷惑をお掛け致しますがご希望の方はまずお電話頂ければと思います。

宮城県糖尿病療養指導士について。

 当院の看護スタッフ2名が宮城県糖尿病療養指導士(CDE-MIYAGI)に認定されました。
 CDE-MIYAGIとは、糖尿病診療向上を目的に昨年宮城県で始まった制度で、糖尿病診療に従事するコ・メディカルが講習受講、レポート提出、試験を受けて認定されるものです。
 当院は糖尿病の患者さんが多く、以前から自己血糖測定指導、インスリン導入時の手技指導等を看護スタッフが行っておりました。今後は糖尿病の勉強を更に行った療養士により、今迄以上の指導等も行っていければと思います。糖尿病の患者さんにも色々な方がおられ、食事療法や経口内服薬で安定している方もおられれば、多くの内服薬やインスリン自己注射を行っていてもコントロールが困難な方もおられます。コントロール不良の方には私も時間をかけて指導するよう努めていますが、場合によっては中々出来ないということも多々あります。
 今迄以上にスムースに、確実に糖尿病診療が行えるよう工夫をしていきたいと考えています。試行錯誤になるとは思いますが、患者さん方からもご希望、ご意見があれば医師もしくはスタッフまで頂ければ幸いです。

IMG_銀杏

インフルエンザの予防接種が始まりました。

 早いものでもう10月です。今年もインフルエンザの予防接種が始まる季節となりました。
 今年は9月から東京を初め各地でインフルエンザによる学級閉鎖が始まっているとの報道がありました。先日当院でもインフルエンザの患者さんがおられましたが、まだその方一人だけです。仙台ではまだ流行の兆候はないようです。
 10月末から11月中旬までには接種を受けるようお勧めします。 仙台市在住で65歳以上の方は1,500円、その他の方は3,500円となります。予約は不要です。
 今年のワクチン株はA型株:A/シンガポール/GP1908/2015(H1N1)pdm09、A/シンガポール/INFIMH-16-0019/2016(H3N2)、B型株:B/プーケット/3073/2013(山形系統)、B/メリーランド/15/2016(ビクトリア系統)という内容となります。
 昨年はワクチン株の決定が遅くなってしまった為ワクチンの製造供給が遅れ、医療機関によっては必要な時期にワクチンが入荷しないという事態となってしまいました。当院には当初から十分量のワクチンが入荷していた為、他院で受けれず初めて当院でワクチンを受けるという方が多くなってしまい、当院定期通院の方の分が足りなくなり、途中からは新規の方はお断りせざるを得ないという状況でした。
 今年は昨年のようなことはなく、安定して供給されるようです。いずれご希望の方に接種できないという状況は常に避けたいと考えています。今後もし供給、入荷状況に変化がありましたら報告させて頂きます。

 秋晴れのいい天気が続いていますが、今回の台風一過で今日明日は夏日となりそうです。朝、夕の気温差は大きいので風邪などひかぬよう引き続き体調管理にはお気を付け下さい。

IMG_1045.jpg

熱中症にご注意下さい。

 梅雨が明けて連日30度の日が続いています。梅雨が早く明けたのは嬉しい事ですが、この暑さが続くかと思うと少しうんざりします。
 先日、仙台市北部急患診療所の準夜当番でしたが、熱中症の為に点滴を要する方が何名かおられました。また熱中症を心配されて受診される方もおられました。皆若い方でしたが急に暑くなったので油断されていたのかもしれません。
 暑さで体温が上がると熱を逃がそうとして皮膚の血管が広がります。また汗をかいて熱を逃がそうとしますが汗により体内の水分が失われます。そのため脳への血流が低下し、めまい、ふらつき、頭痛、だるさ、吐き気等の症状が出現します。
 長時間の外出は控え、こまめに水分、塩分を摂るよう心掛けましょう(スポーツドリンク等)。風通しがいいからと油断していると室内でも熱中症になることもありますし、熱帯夜ですと寝てる間に熱中症になってしまうこともあります。冷房等でうまく調節してください。
 疲労が溜まっていたり、睡眠不足であったり、二日酔いである場合などは少しの暑さでも体がまいってしまいます。日頃から常に体と心をいい状態にしておくことも大切です。

IMG_2169_convert_20180716123107.jpg

特定健康診査が始まりました。

 6月に入り特定健診が始まりました。例年7月~10月の期間に行われていましたが、今年から6月~9月に変更となりました。10月はインフルエンザワクチン接種も始まり、健診とワクチン接種で慌ただしかったのですが、今年から重ならなくなりましたので余裕ができると思います。基礎健診(75歳以上で申し込みをされた方)は7月からとなります。
 予約は不要です。受診券をお持ちの上、お早めに受診してください。無散瞳眼底検査も当院で行います。

 眼底検査は眼底の細い動脈を観察するもので、動脈硬化の程度、高血圧性変化の程度を評価します。高血圧が急に起こったものか、長く存在したものかも把握できます。
 昔、大学医局時代に高血圧を勉強しておりましたので当時の教授に、また仙台社会保険病院(現JCHO仙台病院)高血圧糖尿病内科勤務時には直属の上司に眼底所見の重要性を教えられました。時代は変わり動脈硬化を評価する様々な検査がでてきましたが、簡便にできる眼底所見の有用性は変わらないと考えています。

 IMG_2122_convert_20180603145623.jpg

4月14日(土)は休診とさせて頂きます。

 4月14日(土)は学会出席の為、臨時休診とさせて頂きます。我々医師は通常幾つかの専門医資格を持っており、これを維持するには5年間に何回かの学会に参加し、認定更新に必要な単位を所得する必要があります。私の場合は、内科認定医・専門医、内分泌代謝科専門医、アロマセラピー認証医の三つですが、もっとたくさんの専門医をもってる先生も多く、単位所得の為、一年中学会に行かなくてはならなくなります。
 今迄は学会に行ってもとんぼ返りで、日帰りもしくは遠方の場合は夜出発し一泊して翌日単位所得しすぐ帰る、といったパターンで、学会場にいって単位を取ってくるだけ、といった感じでした。今回は1日お休みをいただきますので、しっかりと勉強してきたいと思います。ご理解頂ければと思います。

 解体された東北大農学部跡地。桜の木が数本のこっています。

 IMG_1932.jpg

診療報酬が改訂されました。

 4月1日から診療報酬、薬価が改定されました。診療報酬(診察代、検査代、点滴代等)や薬価(お薬の価格)は国が定める公定価格で、2年に一度、社会情勢等を考慮し改定されます。現在の高齢化社会を背景に医療費は削減する傾向にならざるを得ませんが、あまり削減されては医療機関や調剤薬局等やっていけなくなってしまいます。今回は診察代等は据え置きで、薬価が下がっています。当院は院内処方ですので、患者さんの負担金は少し下がると思います。また当院に関係するところではインスリン自己血糖測定の点数(価格)が下がっています。自己血糖を測定するセンサー等はきっちり測定回数分のみお渡ししないとこちらも赤字となってしまうという事情もご理解頂ければと思います。このように幾つか変更点はありますが大きなものではありません。
 但し、お会計の計算は今迄とすべて変わってしまい一からとなりますので時に時間がかかることもあるかもしれません。ご理解頂ければと思います。

 ライラックの芽はあっという間に伸びてきています。

 IMG_1925.jpg

呼気NO測定器を導入しました。

 長引く咳で受診される方は季節を問わず多くおられます。
 一番多いのは感冒後の咳です。感冒で鼻と喉がやられ、その後軽い気管支炎となり咳と痰が長引くパターンです。インフルエンザの後も気管支炎となり咳が長引く方が多くおられます。このような場合は多少時間がかかっても自然に改善していきます。
 しかし感冒症状の先行なく、あるいは感冒後自然回復なく咳が長引き受診される方も多くおられます。このような方の多くは咳喘息と考えられます。咳喘息とは、本来の喘息のようにヒューヒューゼーゼーがなく、長引く咳のみが唯一の症状である喘息の亜型と定義されるものですが、どちらも気道に好酸球性炎症が起こっています。咳喘息が疑われる場合には吸入ステロイドを試すことが多いのですが、効果がはっきりしない例もあり、結局自然に治ったのか?吸入剤が効いたのか?わからないことも多々あります。
 呼気NO(一酸化窒素)は好酸球性気道炎症の際に上昇するとされており、喘息および咳喘息の補助診断に有用です。呼気NO測定器も小型化され当院でも測定を開始しました。10秒間息を吐き出し測定します。
 今迄は「症状から咳喘息かと思われますので吸入剤を試してみましょう」でしたが、今後は「呼気NOが高く、咳喘息と考えられます。吸入剤が効くと思います」に変わっていくと思います。

IMG_1876.jpg

インフルエンザにご注意下さい。

 年が明けてインフルエンザの患者さんが急増しています。学級閉鎖となった中学校等も増えているようです。
 仙台市感染症発生情報
 今年の特徴は当初からB型の方が多いことです。B型はA型に比べれば症状が軽く済むといわれていますが、実際は治療を行っても長引いてしまう方もおられ注意が必要です。現在のような流行期ですと若い方で高熱、頭痛、関節痛が強い場合はまずインフルエンザ陽性となります。しかし熱も特に高くなく、軽い感冒症状程度の方でも検査をすると陽性となることも多々あります。インフルエンザの診断は検査キットがある現在でも時に非典型例があり必ずしも簡単ではありません。
 私は身体所見として咽頭後壁の濾胞(インフルエンザ濾胞)と目の充血に注意しています。インフルエンザ濾胞とは喉の突き当たりの壁にできる小さなイクラのような盛り上がりのことです。以前からこのインフルエンザ濾胞に関しては研究報告されていましたが最近再び注目されています。この濾胞は発症初期から確認できるのが特徴とされています。必ずしも前例に確認できるものではありませんが私も大事な所見と思っています。この所見を以前から発表されている内科宮川医院(茨木県)、宮川昭彦先生の講演スライドから写真をお借りします。

 インフルエンザ濾胞
 
 また目の充血ですが、これは高熱の為かも、具合が悪くて眠れてない為かも、またインフルエンザ感染により軽い結膜炎を起こしているのかも知れません。この辺は私見ですのでどの程度根拠があるのか調べてみたいと思います。
 
 来週からはまた寒波がくるようです。体を冷やさず、十分な栄養と睡眠を、また室内の加湿など、お気を付けてお過ごし下さい。

あけましておめでとうございます。

 新年あけましておめでとうございます。
 本年も皆様に良質な医療を提供できますよう、安心感と元気を感じて頂けますよう職員一同努力していきたいと思いますので宜しくお願い申し上げます。
 
 ここでいう良質な医療とは
 「科学的根拠に基づいた医療を、患者さん個々の背景などを十分考慮した上で十分な説明と共に提供し、患者さんにも十分理解して頂いた上で実践する医療。尚且つ患者さんに安心感と元気を感じて頂ける医療」
と考えております。

 これを日々実践するのは簡単なようでとても難しいことですが、これが内科診療所としての当院の、内科医としての私自身の基本となる所と考えておりますので今迄以上に常に意識していきたいと思います。

 2018日の出

一年間ありがとうございました。

 本日で今年も最後となりました。一年間ありがとうございました。
 12月初旬は例年この時期に多い感染性胃腸炎の患者さんが少なく落ち着いていましたが、中旬からはインフルエンザの患者さんが増えてきました。多くはB型インフルエンザで、中には抗インフルエンザ剤を使用しても症状が長引いている方もおられました。
年末年始、引き続き健康管理にお気を付け下さい。

 当院でのこの一年を振り返ってみると、今年も落ち着いた一年でした。新人スタッフも2年目となりグングン仕事ができるようになっています。
 特定健診・基礎健診受診者数、インフルエンザワクチン接種数とも昨年より増加しておりますが、待ち時間はむしろ短くなっていると思います。これには色々な要因がありますが、スタッフ間の連携がスムースであったためとも考えております。
 
 私事ですが、今年は二つの病気(?)で病院の専門医を受診しました。どちらも現在は大したことはなく、幸い診療にも支障をきたすことはありませんでした。しかし今回自分が患者の立場となり、患者さんの気持ちがよーく分かったと思います。医師である私でさえ、専門外の病気に関しては、何故こんな病気になったのか?どんな治療が一番いいのか?今後どうなっていくのか?とても不安でありました。特に今後どう経過していくのかが一番不安な点です。
 医療には絶対ということはなく、同じ病気、同じ治療でも患者さん個々で経過は異なります。そこをうまく説明するのも医師の仕事ですが、簡単なようで難しいことです。また説明するにも10分程度では実際限度があるでしょう。しかし可能な限り患者さんに病気のこと、治療のこと、経過のこと等納得して頂けるよう努力していかなければならないと感じています。

 それでは皆様よいお年をお迎え下さい。

 雪の中のイルミネーション初めてです。
 IMG_1626.jpg
 
01c9e5d03238c6daff4ab83fe6d9d1f4d3376bac3d.jpg
 
 14830633954680.jpg

インフルエンザの患者さんも増えてきました。

 今年の12月は例年この時期に多かった嘔吐下痢症(ノロウィルス等による急性感染性胃腸炎)がほぼ皆無で、とても落ち着いた12月初旬でした。インフルエンザの患者さんもポツリポツリでしたが、今週に入り急に増えてきています。仙台市でも若林区などは当初から患者数が多かったようですが、青葉区でも増加傾向です。仙台市インフルエンザ情報
 ここ数日気温がだいぶ下がり、また何かと人混みに出掛けることも多くなる季節(ページェント等)も関係あるようです。
 
 師走で疲れが溜まっている方も多いようです。十分な睡眠と栄養、体を冷やさない事は免疫力を高める基本となります。
 寒い日が続くようですので引き続き健康管理には十分お気を付け下さい。

 当院のインフルエンザワクチンは残り数本となってしまいました。今年のワクチン流通不足の為、仙台市の高齢者インフルエンザ予防接種は12月末から来年1月末まで延期されました。1月にワクチンがどれ位流通しているのか?希望者がどれ位おられるのかは不明ですが。

 今年も当院のクリスマスイルミネーションは例年通りでやや手抜きです。
 以前はもっと広範囲にもっと明るく、と意気込んでいた時期もありましたが、最近は個人でやるにはここまでが限界と感じています。
 IMG_1580.jpg
 IMG_1579.jpg
 IMG_1599.jpg

インフルエンザ予防接種は終了となります。

 インフルエンザワクチンは残り僅かとなりましたので、定期通院の方のみの接種とさせて頂きます。
 大変申し訳ございませんが新規の方の接種は終了とさせて頂きます。
 今年はワクチンの供給が遅く、10月、11月とも全国的にワクチンが不足している状況でした。
 幸い当院では当初から例年通りのワクチンを確保することができましたが、他院でワクチンが無い為に、初めて当院でワクチンを接種される方が多く、11月末にはワクチンの残数が僅かとなってしまいました。
 当院定期通院中の方でもまだ接種されていない方もおられ、今後はこれらの方を優先させて頂きます。何卒ご理解頂ければと存じます。
 ワクチン接種はもちろん好ましいのですが、万が一インフルエンザに罹患したとしても基礎疾患のない方ではあまり重症化することはありません。現在では数種類の抗インフルエンザ薬も使用できます。
 日頃から健康管理にご注意頂き、もし高熱、関節痛、筋肉痛等、普段の感冒と違うかな?という場合は早めに受診して下さい。
 
 県内でインフルエンザ注意報が発令されました。
 仙台市内では区により患者数に差があるようです。
 幸い青葉区はまだ患者数は多くはありませんが、今後増えてくることが予想されます。体調管理には十分ご留意下さい。

仙台市感染症発生動向調査

 IMG_1508.jpg

 IMG_1510.jpg

1月から土曜日の診療時間が変更となります。

 来年(2018年、平成30年)の1月から土曜日の診療時間が変更となります。
 今迄土曜日は午後2時~3時まで1時間の診療をしておりましたが、来年から午前9時~午後1時30分に変更となります。お昼休みなく午後1時30分まで診療致します。

 一昔前、世の中が土曜日半日勤務であった頃、土曜日午前の仕事が終わりその後に受診される方の為にこのような診療時間となっていました。約20年前から世の中は週休2日制となりましたが今迄この診療時間を継続しておりました。
 しかし、春夏の時期は土曜午後の受診患者さんは少なく、また逆に感染性胃腸炎やインフルエンザが流行する時期には午後1時間の間に遠くからも多くの患者さんが受診される日もありました。午後の1時間では点滴等十分な治療ができない、或いは十分経過観察ができない為病院にお願いして搬送する例も時にありました。また私事ですが土曜午後の学会や会合に中々出席できないという事情も正直なところございます。
 このような状況で午後の診療時間を短くさせて頂くことになりました。何卒ご理解頂ければと思います。
 私たち医師会の内科医で持ち回りで担当している北仙台駅裏の北部急患診療所、舟丁の仙台市急患センターとも土曜日は午後2時45分から診療しています(北部急患診療所は午後11時まで、仙台市急患センターは翌朝7時まで)。休な体調不良にはこちらの施設の受診をお願いしております。
 大変ご迷惑をお掛け致しますがご理解の程宜しくお願い申し上げます。

IMG_1499.jpg

 

インフルエンザ予防接種について。

 現在インフルエンザの予防接種を行っております。
 今年はワクチンの製造開始が遅れた為、ワクチンの供給が全国的に遅くなっています。
 当院では例年通りのワクチン数を確保しておりますが、供給がやや遅れ現在ワクチンの在庫は少なくなっております。

 今年は「ワクチン供給に遅れ」「今年はワクチン数も例年より少ない」等の報道が多い為か、またかかりつけ医でワクチン予約が取れないという方も多く、初めて当院でワクチン接種をされる方が多くなっています。
 基本的には例年通り予約は取らず、いらした順にワクチンを接種、という方針ですが、まだ11月初旬ですので当院かかりつけの患者さんでもまだワクチン接種を済ませてない方も多くおられます。
 なるべくお断りする事態は避けたいと思っておりますが、状況が変わりましたらまた報告させて頂きます。

IMG_1478.jpg

 昨夕は北部急患センターの準夜の当番でしたが同センターでもまだインフルエンザの患者さんはでていないようです。
 仙台市の感染症発生動向調査でもまだ青葉区でのインフルエンザ患者さんは殆どおられません。若林区や太白区では患者さんはでているようです。
仙台市感染症発生動向調査

 来週からは気温もだいぶ低くなるようです。体を冷やして風邪など引かぬようお気を付け下さい。

10月末で特定健診は終了です。

 7月から行っていた特定健診、8月から行っていた基礎健診は10月末で終了となります。まだ受診されていない方は受診券をお持ちの上受診して下さい。
 平成20年から始まった特定健診(メタボ健診)は早9年です。生活習慣病の発症リスクが高い方(メタボ、肥満、脂質・血糖・血圧が少し高い)に早い段階で生活習慣(食事、運動)を改善し発症を減らそう(最終的には医療費削減)という趣旨の健診です。
 宮城県はメタボワースト全国で2位となっています。なぜ宮城県が?と思いますが、理由ははっきりしないようです。但し宮城県では肥満、塩分過剰、歩かない、喫煙者、飲酒者がどれも全国ワースト10位以内に入っており、これらの要素が関係しているようです。

IMG_1497.jpg

 例年11月に産業医を担当している施設で「健康講話」をさせて頂いております。今年は「メタボ健診、この10年、その効果は?」という内容での依頼でしたのでこの10年でメタボ健診の効果がどれ位現れているのか調べてみたいと思います。
 最近例年スライドの合間に入れている一枚。
 私の好きな言葉です。

スライド24
最新記事
月別アーカイブ
来訪者数
FC2拍手ランキング
FC2拍手ランキング
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
2252位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スタッフブログ
248位
アクセスランキングを見る>>
アルバム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
楽天商品検索mini

developed by 遊ぶブログ

楽天ウェブサービスセンター

amazon今日の新譜CD