FC2ブログ

塩分はなぜ血圧を上げるのか?


 高血圧には減塩、すなわち塩分を控えることが大切なことはよく知られています。
ではなぜ塩分が血圧をあげるのでしょうか?

 しょっぱいものを多く摂ると(例えばですがラーメンやそばの汁など)喉が渇き水をたくさん飲むから血圧が上がる。などといわれることもありますが、半分当たりで半分はずれでしょうか。

 塩分を多く摂ると血液の中の塩の濃度が上がります。この濃度を一定に保つように水分が血管の中に集まってきます。このように塩分は水を引き寄せます。その結果血管内の血液量、ボリュームが増加するため血圧が上がるといわれています。また塩分は交感神経系を刺激し血管が収縮しさらに血圧を上げる方向に傾きます。

 わかったようでわかりにくい話でしょうか。確かに簡単そうで難しい話です。

 しかし塩分をいくらとっても血圧が上がらない人はたくさんいます。一方で塩分を控えると高い血圧が下がる人もいます。これを食塩感受性といいます。血圧が塩分にどれくらい敏感に反応しているかというものです。

 これも簡単に分かる指標はありません。家庭血圧を測りながら、数日間は思いっきり塩分を摂ってみて血圧があがるか?その後思いっきり塩分を減らしてみて血圧が下がるかでわかります。
(血圧が高い方は時に危険ですので塩分をたくさん摂ることは控えて下さい)

関連記事

コメント

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
来訪者数
FC2拍手ランキング
FC2拍手ランキング
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3559位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スタッフブログ
414位
アクセスランキングを見る>>
アルバム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
楽天商品検索mini

developed by 遊ぶブログ

楽天ウェブサービスセンター

amazon今日の新譜CD