FC2ブログ

基礎工事が少し進みました。

 
  天候の関係で延期となっておりました基礎工事が少し進みました。

 雪の日の合間の晴れの日に基礎のコンクリートが注入されました。

 DSC_0342.jpg

 まだ半分ですが少し進行し安心しました。
 今後の天候が気になります。


 昨日の夜は北部休日診療所の当番でした。
この時期はインフルエンザと嘔吐下痢症の患者さんで
混み合うことが多いのですが、昨日は雪のためかこの時期としては
受診者数は少数でした。

 インフルエンザ、嘔吐下痢症ともにピークは超えたようですが
まだまだ寒い日が続きますので引き続き体調管理にはご注意ください。


 先日年甲斐もなくあるアーチスト?のコンサートを観に
さいたまスーパーアリーナまで行ってきました。
内容もとても素晴らしかったのですが何よりとても元気をもらいました。
 
 次元は違うかもしれませんが我々医療者もいい意味で患者さんに元気を感じてもらえれば
と思い仕事をしています。

スギ花粉症の方はご準備ください。

 
 ここ数日花粉症の薬を希望される方が多くなりました。

 私自身も重度のアレルギー性鼻炎(一年中です)がありますが、
ここ数年は抗アレルギー薬(アレルギーによるくしゃみ、鼻水の予防薬)と
抗ロイコトリエン薬(アレルギーによる鼻閉の薬。喘息にも使います)を
通年で内服している為、症状もそれなりに落ち着き、そろそろスギ花粉の
時期であることをあまり意識していませんでした。

 仙台では2月下旬頃からスギ花粉が飛びますので、例年症状の強い方は
2月中旬からの抗アレルギー薬の内服をお勧め致します。

 
 本日患者さんから舌下免疫療法についてご質問がありました。
申し訳ありません、現状を即答できませんでしたので簡単に
まとめさせて頂きます。

●減感作療法(アレルギーの原因物質を少しずつ長時間かけて注射してアレルギー
反応を低下させる)のひとつ。
●今までは注射で行われていたため、頻回に注射をする煩わしさや、長い時間が
かかること、稀に副作用がでること、近年は優れた抗アレルギー薬が普及したことなどから
あまり行われなくなっていた。
●舌下免疫療法は注射ではなくアレルギーエキスを舌の裏に含ませておくことにより、
病院に行って注射を受けなくても家庭で減感作療法ができるもの。効果は約70%程度。
●現在は治験進行中で、保険診療はまだ適応ではありません。

 というようなものです。
今後普及するかはまだわかりませんが、減感作療法だけが唯一根本的な治療法
ということになります。
 しかし私のようにスギ、ハウスダスト、ダニ、ブタクサなどほぼすべてのアレルギーが
ある人は難しいと思われます。



 今週のインフルエンザ患者数は先週に比べて微減です。
ピークを越えたかなという印象ですがまだまだ油断しないようにお願いします。



 基礎工事は進み現在基礎の鉄筋を組んでいます。
来週コンクリート注入予定ですが天候が悪いとまた延期となってしまうようです。
天気予報だと少し怪しいようです。何とか晴れを祈りたいと思います。

 DSC_0335.jpg

 

インフルエンザ警報が発令されました。

 宮城県で先月31日、インフルエンザ警報が発令されました。

 1月21日~27日までの県全体の指定医療機関の平均患者数が30.65人と、
警報発令基準の30人を超えたため警報が発令されました。

 当院でも今週に入り先週に比べ患者数は倍増しています。
今後更に注意が必要と思われます。

 
 インフルエンザを診療していて感じたことなどをいくつか。

#インフルエンザ迅速診断キットは万能ではないこと
#抗インフルエンザ薬は基本的に発症48時間以内の使用開始であること
#本来インフルエンザはウィルス性疾患で自然治癒するものであること
をご理解頂きたいと思います。

●発症直後にはインフルエンザ迅速診断キット(鼻の奥に綿棒を入れて検体をとる例の検査です)
が陽性にでないことが多々あります。一般的には発症(症状が出現してから)12時間以内では
でないことも多いとされています。
●但し症状がでた方はとても具合が悪く、またインフルエンザも心配ですのですぐ来院されます。
検査をするとやはり発症間もないためか(数時間後)陰性です。
このような時、二つの選択肢があります。
 ○とりあえず解熱剤を飲んで頂き、明日再検査。
 ○臨床的にインフルエンザと診断して抗インフルエンザ薬(タミフル、リレンザなど)を開始。

 インフルエンザ迅速診断キットの感度は良好ですが、あくまで補助的なものと考えます。
流行期に突然、倦怠感、筋肉痛、関節痛、頭痛、発熱があれば、身体所見とあわせて総合的に
インフルエンザと診断することに問題はありません。むしろ検査は不要かもしれません。
もちろん、患者さんの話をよく聞き、きちんと診察する必要があります。
問診票には記載がなくともよく聞くと嘔吐や下痢が頻回であったという方もいます。
このような方は嘔吐下痢症が考えられます。但しインフルエンザでも嘔気を訴えられる方がおりますが。
また扁桃が腫れ、白苔が著明の方もおられました。このような方は化膿性扁桃炎と考えられます。
問診、診察の結果インフルエンザに矛盾しなければ検査が陰性でもインフルエンザと診断し治療を開始します。
もちろん患者さんによくお話ししてご了解頂いた上で。

 数日前別の病院でインフルエンザ陰性といわれたが熱が下がらないと来院された方が数名おりました。
結果はインフルエンザ陽性でしたがすでに発症4日程度たっており、対症的に様子をみて頂きました。
 抗インフルエンザ薬はインフルエンザの増殖を抑え有熱期間を短くするお薬で、決してウィルス
を消滅させる薬ではありません。早い時期に使用するに越したことはありませんが、使用しなくても
少し熱は長引きますがいづれ回復していきます。

 このようにインフルエンザが流行すると我々医師がすることは
ワンパターン(検査陽性で抗インフルエンザ薬開始)なようで、実際はさまざまな
患者さんがおられ、決して簡単なことではありません。

 いづれかからないに越したことはありませんので十分予防を心掛けてください。
もし怪しい症状(急なだるさ、筋肉関節痛、頭痛発熱、咳など)が出たら
少し様子をみてから早めに(タイミング難しいですが)ご来院下さい。


 
 今週は天候が回復し基礎工事も少し進みました。
生コンは生もののようで一回機会を逃すと次に手にはいるまで時間がかかるようです。

 DSC_0329.jpg


最新記事
月別アーカイブ
時計 house
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
カテゴリ
リンク
来訪者数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
1609位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スタッフブログ
164位
アクセスランキングを見る>>
アルバム
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

楽天商品検索mini

developed by 遊ぶブログ

楽天ウェブサービスセンター