FC2ブログ

快適な睡眠の為に。

 夜なかなか寝付けない、すぐ目が覚めてしまう等睡眠に満足できていない方は多くおられます。この方法が一番、といったものはありませんが幾つかの注意点を意識してみると意外にいい睡眠を得られるかもしれません。
 睡眠で一番大切なのは寝入り最初の90分、いわゆる最初のノンレム睡眠です。睡眠時、約90分周期でノンレム睡眠(深い眠り、脳も体も眠っている状態)とレム睡眠(体は眠っているが脳は覚醒している状態)を何回か繰り返しています。最初の寝入りのレム睡眠は最も深い眠りであり、この時間をいかに深くするかがとても大切です
 最初のレム睡眠を深いものにするには皮膚温度と深部体温の差を縮めることが大切となります。皮膚温度と深部体温の差が縮まったときに入眠しやすいという研究データがあるからです。この温度差をより縮める方法に入浴があります。入浴により深部体温を意図的に上げれば、入浴後の深部体温の低下がより大きくなり熟眠につながります。深部体温は入浴後約90分で下がってきます。この時皮膚体温との差が縮まりスムースに入眠できるとされています。但しこの入浴とは40度のお風呂に15分入った(浸かった)という条件です(西野精治著「スタンフォード式最高の睡眠」より)。
 寝る時間の90分前に40度、15分の入浴を済ませる。試してみて下さい。
IMG_2731_convert_20200723174538.jpg

基礎健診が始まりました。

 7月から仙台市基礎健診が始まりました。通常6月からの仙台市特定健診がコロナの影響で9月からに延期となってしまいました。国の緊急事態宣言が出ている場合は国の指針ですべての市民健診は行われません。コロナがある程度落ち着いた為基礎健診は7月から予定通り始まったという経緯です。
 今年は3密を避ける為、健診の方法も十分な配慮が必要となります。当院では今年は眼底検査を診察の後すぐに診察室で行うことにより、受診者の皆さんの無駄な移動を省き滞在時間を短くするという方法を試しております。今迄は眼底検査はある程度の人数をまとめて行っておりましたが、時にこの待ち時間が長くなってしまう傾向にありました。まだ受診者の方が多くないためもあり今のところ順調に進んでいます。また今の所予約は不要で行っております。もし受診者が例年のように増えてきた際には3密を避けるため新たな取り組みが必要になるかも知れません。
 現在発熱の患者さんは多くはありませんが、主にこのような方は午後3時から4時頃を指定して診察することが多くなっています。
 午後健診を受診される方は午後2時頃に受診して頂ければ幸いです。

 長雨が続きもう2週間太陽の光を浴びていません。なんとなく調子が悪いという方も多い印象です。陽の光がない、湿度が高い、寒暖差がある、という状態で、幸せホルモンセロトニンも欠乏気味です。また自律神経のバランスも大きく乱れていると思います。こんな時は体を動かずことが一番と思います。室内でのスロースクワットをこまめに行うことによりセロトニンが増えて自律神経のバランスが整っていくことを実感できると思います。
IMG_0245.jpg
最新記事
月別アーカイブ
時計 house
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
来訪者数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
2219位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スタッフブログ
220位
アクセスランキングを見る>>
アルバム
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

楽天商品検索mini

developed by 遊ぶブログ

楽天ウェブサービスセンター