FC2ブログ

秋バテにご注意下さい。

 昨日のニュース番組で秋バテ対策に関する内容がありました。
 秋バテとはなんでしょうか?
 夏の暑さで今一つ体調が戻らない所に9月にかけて温度が低下して気温差の為に自律神経がバランスを崩し、怠さ、食欲不振、不眠、集中力低下、胃腸症状等を引き起こす状態、という考えでいいと思います。
 今朝もとても気温が低く薄着では寒い位です。また9月にも気温が上がる日もあり、朝夕の気温差が大きくなります。風邪を引き易い季節ですので体調管理に一層の注意が必要です。
 対策は食事、体を温める食材、例えばショウガ、トウガラシ等、十分な動物性蛋白質を意識して。温度差対策は足元は温めて、冷えていれば上着で調節を。そして入浴。夏の間はシャワーのみの方も多かったと思いますが温めのお湯にしっかりつかって体の芯を温めましょう。
 もちろん秋バテの原因は自律神経の乱れですので自律神経のバランスを整える行動も意識しましょう。呼吸法、運動、笑う、いい香り、いい音楽、情動の涙等です。一方コロナ禍で「安らぎホルモン」オキシトシン欠乏状態が続いています。オキシトシンは自律神経にも大きく関係しています。オキシトシンを増やす行為はスキンシップ(タッチ)ですが人と人の距離を保つコロナ禍では限度があります。しかし食事(胃腸のタッチ)や運動(関節のタッチ)もオキシトシンを増やすとされていますので意識してみて下さい。
IMG_1745.jpg

オミクロン対応ワクチンに関して。

 先日、国は10月中旬を目途にオミクロン株対応ワクチンの接種を開始すると公表しました。
 今迄4回接種してきたワクチンは2年半前の武漢株のもので、今年年明けから流行し続けているオミクロン株に対しては重症予防効果は期待できるものの発症予防効果は限定的でした。
 モデルナとファイザーがオミクロンBA.1対応の2価ワクチン(武漢株とオミクロン株)をほぼ完成させているようです。現在流行中のBA.4/5対応ワクチンも開発中とのことですが、現在の流行を鑑みなるべく早く接種開始できるBA.1で開始予定となったようです。BA.5に対しても抗体価上昇が期待できるとのことです。しかし国が示したデータではBA.1に対しては中和抗体は1.7倍程度上昇すると記載されていますがBA.5については「BA.1に対する中和抗体価の上昇よりは低い」との記載のみです。
 このワクチンが本当に10月から開始となるのかはわかりません。実際は予定より遅れると思います。また現在高齢者の4回目接種がほぼ終了しましたが4回目からの間隔も未定のようです。NHKニュースで以下のような図が示されていましたが実際こんな感じかなと思います。この件で4回目接種を躊躇されている方もおられますが、専門家も重症化リスクのある方は4回目をすぐ打つよう推奨しています。あまり悩まず時期がくれば接種を考えるというスタンスでいいと思います。
 昨年の今頃、当時の菅総理は「ワクチンがすべて」とワクチン接種を加速させ当時流行していたデルタ株から高齢者を守りました。しかし現在は当時と状況は大きく変わりワクチンがすべてではなくなっています。今迄通り出来る感染予防は継続する。我々もいつ自分が感染するかひやひやで結構なストレスです。ストレスは免疫力を低下させます。少し楽観的でいた方がいいのかもしれません。
オミワクチン
最新記事
月別アーカイブ
時計 house
カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
リンク
来訪者数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
407位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スタッフブログ
37位
アクセスランキングを見る>>
アルバム
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

楽天商品検索mini

developed by 遊ぶブログ

楽天ウェブサービスセンター