FC2ブログ

正しい立ち方、座り方、そして目線も大切。

 心を整えるには先ず所作を整える。所作が整えば呼吸も整い心も整うということになります。
 所作を整えるにはまず姿勢から。正しい立ち方、座り方、そして目線も大切となります。
 基本は立位でも座位でも頭から尾てい骨まで一直線のイメージです。これが出来きていれば膝が曲がったり前かがみにもならず美しい立ち姿になります。また座った状態でも一直線のイメージが出来ていれば背もたれに背中をつけない美しい座り姿になります。
 そしてもう一つは目線となります。禅では立っているときは六尺(約182cm)前、座位では三尺(約91cm)前に目を落とすことが基本となります。前者は畳縦1枚分、後者は畳横1枚分の目安です。その位置に目線を落とすといわゆる半眼(目を半分開き、半分閉じた)状態となります。目を大きく開いていると多くの視覚情報がはいってきます。視覚情報が多すぎるとそれに影響されて気持ちも落ち着かなくなります。半眼は情報をカットできますので気持ちがとても落ち着きます。この「半眼」は仏様のまなざしと同じです。仏様の前に立ったとき、優しく包まれる感覚になったり癒される思いがしたといった経験は誰にでもあると思います。この「半眼」のまなざしにはこんな効果もあるのです。【枡野俊明著 「美しい人をつくる所作の基本」から】
IMG_0738.jpg
最新記事
月別アーカイブ
時計 house
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カテゴリ
リンク
来訪者数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
293位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スタッフブログ
27位
アクセスランキングを見る>>
アルバム
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

楽天商品検索mini

developed by 遊ぶブログ

楽天ウェブサービスセンター