FC2ブログ

新型コロナウィルス感染対策について。

 新型コロナ感染対策で学校休校、イベント自粛から2週間が経過しました。しかし全国での感染者数はまだ増加しています。
 幸い仙台市ではその後新たな感染者は出ていないようですが全国的な広がりの中不安は隠せません。
 国はコロナウィルスのPCR検査が保険適応となり、多くの検査が行えることを大きく伝えていますが検査可能な施設は今まで通り「帰国者・接触者外来」のある施設に限られています。一般の病院・診療所でも行えると誤解を与えるような厚生労働大臣の発言でした。我々一般の診療所ではPCR検査を行うことはできません。
 先日国から、全ての患者において鼻腔や咽頭から検体採取をする際にはサージカルマスクの他、ゴーグルまたはフェイスシールド、ガウン、手袋着用が必要な旨の通達が出されました。この通達を受け日本医師会はインフルエンザの検査をする際もコロナウィルスに感染する可能性がある為検査をせず、臨床診断でインフルエンザを診断するよう全国の医師会に通達しました。マスクでさえ底が尽きつつある状態で我々診療所がゴーグル、ガウン等を用意することは不可能だからです。また北海道の開業医がインフルエンザ検査の検体採取の際にコロナウィルスに感染したという事例も関係しているようです。
 このような混沌とした状況の中我々診療所の医師はどう対応したら良いものか皆悩んでいます。一番大切なことは、定期通院されている患者さん、我々医療スタッフを感染から守ることとなります。しかし体調が悪く新規で受診した患者さんを診ないわけにはいきません。その為発熱者の診察時間を一般患者さんと分けて行うという対策が勧められていますが、具合の悪い患者さん、不安の大きい患者さんは時間に関係なく受診されることも多いと思います。また後で来てくださいとは言いずらいものです。
 現在当院ではインフルエンザ流行時と同じように、発熱、咳、怠さ等の患者さんは換気のよい処置室の奥でお待ち頂き、お会計までその場所で行うという方法をとっております。その後十分な換気と手摺、ドアノブ等の消毒を行っております。現在のところコロナ感染が疑わしいと思われた患者さんはおりません。
 しかしもし仙台市でも患者数が増えてくれば、発熱、咳を有する方は時間を指定して診ざるを得ないかもしれません。そうならないよう祈りたいと思います。
 発熱、咳、怠さ等で受診希望の方はまずはお電話頂ければと思います。
IMG_0132_convert_20200211103902.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
時計 house
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
リンク
来訪者数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
2219位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スタッフブログ
220位
アクセスランキングを見る>>
アルバム
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

楽天商品検索mini

developed by 遊ぶブログ

楽天ウェブサービスセンター