FC2ブログ

花粉症にご注意下さい。

 今年は3月に入ってもインフルエンザの患者さんが多く、スギ花粉の時期であることをすっかり忘れていました。例年に比べ今年はスギ花粉の飛散量は少ないと予想されていましたし、実際3月に入っても測定飛散量は極めて少ない状況でした。先週前半の晴れて気温の上がった日に、くしゃみ、鼻水、眼の痒みが出現された方が多いようです。今週は気温も上がりやっと春らしくなりそうです。とともにスギ花粉飛散量も増加する可能性があります。花粉観測システム 花粉予想
 抗アレルギー薬の内服は花粉症状の予防に効果があります。例年花粉症状がありまだ抗アレルギー薬を内服していない方、花粉症かな?と思われる方はご相談下さい。
 昨年患者さんから質問を受けたスギ花粉症の舌下減感作療法は今年の夏前に保険適応となるようです。減感作療法とはアレルギーの原因となる物質(今回はスギ)を低濃度、少量から投与し、徐々に増量、高濃度として、原因に対する過敏性をなくしていくものです。アレルギーを根本から治す治療ですが、今迄は注射が必要で、また副作用の懸念や、現在使われているいい抗アレルギー薬が広く普及した為ほとんど行われていませんでした。今回は注射ではなくスギ花粉舌下液を毎日自宅で舌の下に投与することになります。今の所どれ位普及するかはわかりません。
 私自身スギ花粉ですが現時点では自分でやってみたいとはあまり思いません。スギ以外にも多種のアレルギー(ハウスダスト、ダニ、その他多くの)があることもありますが、抗アレルギー薬をきっちり飲んでいればそんなにつらい症状はないからと思います。しかし症状の強い方や薬を飲むのがいやな方は是非試したいと思われると思います。抗アレルギー薬をこの先ずっと飲み続けるよりコストは安くなるかもしれません。使用できる施設、医師も限られるようです。詳細がわかりましたらお話したいと思います。
関連記事

コメント

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
時計 house
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
来訪者数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
1609位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スタッフブログ
164位
アクセスランキングを見る>>
アルバム
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

楽天商品検索mini

developed by 遊ぶブログ

楽天ウェブサービスセンター